2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年
2014年最近のトピックスGo Top PageFaceBook

2012年12月  初の Thunderbolt + MADI で LIVE REC

 

今年の仕事納めは伝説の爆音ROCK BAND「 NOIZ」 の復活再結成Live のRecording ! 下北沢GARDEN、生憎の冷たい雨にもかかわらず超満員。客席はめちゃめちゃ熱く盛り上がってる。6000円のチケットはあっというまに完売 だそうな!! 凄いね!!!

録音システムは熟考の末、始めてのTunderbolt + MADIMac Book Pro に ProTools10HD って構成でやる事にした。...Pro Tools LE + 003 だとチャンネルが足りないし、タワー型のでかいマックに192 i/o +マイクプリとかで組むには録音スペース的に厳しいのでTunderboltのついてるMac Book ProでのMobile 録音システムを模索していたのでまぁこの機会にやってみる事に。

とは言ってもワンチャンスのライブ収録、「すみません録れていませんでした」って訳にはいかないので念のためバックアップのレコーダーも使った。JoeCoのBLACKBOX RECORDER、1Uの小型軽量機ながらアナログで24トラック録れちゃう優れもの。

「 NOIZ」 .... 超パワフルで素晴らしいステージだった。ミックスが楽しみ。

 

レコーディング機材
裏側のケーブル類
RMEの 機材は前日にチェック
..
全部で1.3Aしか食わない省エネシステム
録音場所から見たステージ
..    

 

 

2012年12月 城ノ内 ミサ 「かけがえのない日々〜Irreplaceable days〜」リリース

暑い盛りにレコーディング〜ミックスしていた 城之内ミサさんのアルバムがやっと発売になりました。CRCI−20774 \2,500
「存在するものへの畏敬の念、心の平和」をピアノ・ソロを中心に、静かに、穏やかに綴るサウンド・スケッチ!
いいですよぉ〜!!!! クリスマスにはユネスコ世界遺産条約採択40周年記念 クロージングコンサート
日本・ユネスコ世界遺産条約参加20周年ユネスコ パートナーシップ事業世界遺産トーチランコンサートIN TOKYO JAPANが
大田区のアプリコ 大ホール あります!(CD発売後のちょうどいい時期ですが、ユネスコの協賛コンサートは物販はナシなんですって)

 
 
     

 

2012年12月  生花の配送?

 

12月、久々にまた国立スロバキアフィルハーモニーの録音、出発予定日まであと2週間ちょいだなぁ..... ってタイミングできたメール連絡。
「え?! 2月に延期になっちゃったの?!」急にまたもや暇になっちゃった!! 先月もヒマだったし、こんな師走に急に旨い事お仕事が入ってくるとも思えない。....ヤバイなぁ......。フリーだからボーナス無いのに12月は支払いだけがボーナス月.......。そんなおり、たまたま打ち合せで一緒だったギタリストの友人が似たような状況らしく「とりあえずのお金をなんかで稼がなアカンのよ。ほんでね、"夜間に生花の配送ドライバーで1万8千円+手当て、日払い"っていうおいしそうなバイトがあって説明会兼面接に行くんだけど、mu-さんも一緒にいかへん?」って。ま、夜更かしは得意分野、運転も得意。それに夜の仕事ならなんかお仕事がカブって入ってきても昼間ならなんとかなりそうやんって...。

自慢じゃないケド、もう何十年も音楽のお仕事しかした事無い。ヤマハを辞めた時いくつかヘッドハントのお話が来たが「いや、オレは一生音楽で食っていくから」って大見得きったケド、この際、背に腹は代えられん。「ん、じゃぁ一緒に連れてってよ」って説明会に行ってきた。

場所は新宿歌舞伎町のど真ん中、やばそ〜うな場所に着くとすでに背広にネクタイの方々が10数名来てた。ファイルみたいなのを持った係の人が免許証のコピーと車検証のコピー、履歴書を集めに来た。僕はめだたない黒いシャツで行ったのだが、「その服はイカンなぁ、その筋の人みたいだから、お仕事の日は普通の白のYシャツ着てキチンとズボンの中に入れてね。Gパンもダメ、スラックスね。」って......。「え、生花の配送なのにスラックス???」って思ったんだけど.......、で、ほどなく説明が始まって、説明聞いてたら、「スピード感をもって迅速に配送、指定時間には1秒も遅れないように」「女の子は商品やから一切の私語は禁止」って「はぁ?????」

.....早い話、風俗の女の子をいろんな場所に送り迎えするお仕事らしい....。生花ね....。ま、ウソではないわなぁ.....。いや、参った。速攻で辞退しましたけどね。....はぁ〜〜〜〜〜!!!! それにその事務所にいた方々、どう見ても「その筋の方々」だし....。

 

 

2012年11月  Inter BEE

 

このところマカオグランプリとかぶってサボってしまう事の多かったInter Bee 、今年はイスラエルから来たWAVESのエクゼクティブと横文字ミーティングのためマカオはバンド連中と同じスケジュールでさくっと戻ってきた。今回はデジのブースも無いのでセミナー講師って訳でもなく「USER」なのにホテルをとっていただいて結局幕張に泊まる事になった。ただただ眠るだけなのに22階の無駄に夜景が綺麗な部屋。
会場では久々にお会いする方が多数! 会場全体のスペースは不況を反映してかひところの半分以下、でも過去最多の871社が出展だそうな。いろんなブースで昼間からビールをいただき、夕方のレセプションパーティでまた飲んで、さらにWAVESミーティングでおいしい懐石料理とお酒たくさん。終わってからさらに友人たちと合流して飲んでホテルに戻って来る途中、追い打ちで2件もおさそいが.....で部屋に戻ったらさらにお誘いが......、あのぉ、お酒、嫌いじゃないんですが、そんなに強くないので......、ごめんね〜!!!!!!
あ、そうそう、部屋から花見川河口の防波堤が見えた。今だとシーバスの落ち前のラストチャンス、あ〜〜〜〜〜、釣りしたい〜〜〜〜!

Inter Bee、映像系は現行ハイビジョンの4倍の解像度の4Kやその倍の8K機材が盛り上がってた。アウトドアやXゲーム(CATVで人気のデンジェラスなスポーツ系)で有名なGoPro 超広角でやたらキレイに撮れる小型軽量カメラでカメラ車載固定用吸盤や各種マウントも充実、しかも安価!こいつの最新作HIRO3は4K画質でなんと399ドル!!! ヒビノのブースにあったDPA 5100 サラウンドマイクロフォン、TACのブースは大にぎわいだったがOZON5のデモは特に人気、ヤマハのブースは本邦初公開のヌエンド用のワークサーフェスも大人気だったが僕が気になったのはsteinberg CUBASE7:ヤマハの技術が入ったDAWソフト。今回の7からコードトラックでボイシング設定や、MIDI、だけでなくVariAudio で解析したオーディオトラックに対してもコードボイシングやスケールを適用できるそうな.....。ワォ、ほ、欲しいね!! スタジオやマスタリング業界で人気のAntelopeクロックジェネやAD/DAもめちゃにぎわってた。きれいな外人さんがカタログ配ってたせいじゃぁばいと思うケド....。

 

.

 

2012年11月  HUSH!! Full Band 馬拉松搖滾音樂祭

 

ラスベガスを超えて世界一のカジノ街となったマカオ、世界遺産の街としても知られ、マカオ政府も文化振興につとめている。その一環で毎年開かれているロックフェスティバル「HASH」に行ってきた。マカオ政府文化局の主催イベントで今回は初めて日本からの出演者もいる。2泊3日、着いた日にそのまま会場入りしてリハ、翌日もサウンドチェックからつきあって本番〜打ち上げ行って深夜にホテルに戻って翌朝帰国ってスケジュールなので遊びのお時間は一切ナシ。そのまま残ってマカオグランプリ観戦としたかったがそうもいかなかった。なにせ日本からの皆様出演者もスタッフも大半が「始めてのマカオ」ゆえ、私はほとんど「引率者」。飛行機自体は4時間程度だがトランジットがあったりイミグレがあったり...。
カジノで潤ってるマカオ政府のお仕事とは言っても飛行機もフェリーもエコノミークラス、帰路は狭いイスに座りながら収録してきた音源のマスタリング、帰宅後自宅のスピーカーで鳴らして確認してただちにサーバーにアップロード。ホントはスタジオでデカイ音でやりたい作業だがごこでも出来ちゃうって....。 便利なのか不便なのか....。

 

良い感じに盛り上がってます。
マイク設置場所付近
金色のビルの左側が会場の澳門文化中心
.

 

2012年10月  CROWNでMastering

 

このところマスタリングスタジオでマスタリングしていただくお仕事はめっきり減ってしまってめったにお邪魔しなくなったマスタリングスタジオ、今回は城ノ内ミサさんのアルバム、マスタリングで立ち会いに行ってきた。立ちあいって言っても特に「あ〜してくれ、こ〜してくれ」と指示を出す訳でも無く、「曲間ど〜ですか?」と聞かれても「ミサさんに聞いて」って感じ。だって作曲者(演奏者)が「いい感じ」っていうのが一番。音はミックス終了時点でコンプリート、曲間は僕がやるとRock系だとテンポよくすぐ次曲、癒し系だとどうしても長めの曲間になっちゃうし......。

クラウン マスタリングスタジオ、初めて行ったケド、超豪華。モニタースピーカーはアビーロードスタジオと同じB&Wの800D(ちなみに1本150万円くらいですが...)、アンプもアビーロードと同じ。定番のEQの並びには珍しくWAVESのL2(ハードウェア)もあった。いやぁ、電源コンセントやケーブルの一本一本までお金かかってますねぇ.....。メインのDAWはドイツのSequoia、Windowsネイティブ環境のDAWでは有名なSAMPLITUDEの最上位アプリケーション、僕らにはなじみの無いソフトだけどこの業界では以外と多いらしい。

そういえば部屋一面ブルーのクロス貼り。昔のエピキュラスのプリプロルームを想い出す。

 

部屋一面ブルーのマスタリングルーム
曲間のチェックは定番のソニー
アナログのEQも....
.

 

 

2012年10月  大ショック「楽しみにしていた仕事が......」

 

「フランスのプラネタリウム」「作曲家はイタリア人」.......う〜〜〜〜〜、すんごい楽しみにしていた久々の「サラウンドのミックス」、映像の都合で2回延期で仕切り直し。デッドエンドから積算して「いくらなんでももうそろそろ」と楽しみにしていたら..... やっときた連絡が「TDはフランスでやる事になりました」って。 ガァ〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!! 今日は眠れないかも。

 

 

2012年10月  「チェロに夢中 vol.1 at 近江楽堂」

 

「チェロに夢中 vol.1 at 近江楽堂」の録音に行ってきた。東京オペラシティ、大ホールでは何度もレコーディングしているが、3階にある近江楽堂は初めて。チェロの阿部さんから「よく響く会場でトークも含めアンプラグドでやる」って事で録音機はSACDの倍のサンプル速度1bit 5.6MHzのKORG MR1000を持って行った。ゲネプロ中にヘッドフォンをかけたままマイクを持って会場内をうろちょろ。マイクを置くベストポイントを探る。ハイ、確かに「よく響く会場で」とは伺いましたが半端無く響く会場ですね。ハッキリ言って初体験です。お風呂場よりもトンネル内よりも響く。どちらかというとチャーチ。そういえば場内には等身大のマリア像があるし、天井ドームの外光を取り入れる天窓は十字架ふうだし、もしかして礼拝堂をイメージしてつくられた小空間なのかも。
同じ空間を共有する(そこにいる)方々にはすばらしく心地よい響きの空間なのだが、録音となるとどうなのだろう?音だけを聴く方々にはどう聞こえる? なにしろ何処にマイクをおいてもほとんど実音ナシの響き(エコー?リバーブ?)だけみたいな感じ。ワォ〜〜、ちょっと参ったかも....。せっかく「トークも含めてアンプラグド」の会場でオンマイクを立てるのも無粋だしなぁ....。
結局ギターの永島さんが持ってきていた低めのギタースタンドを借りて床置きスタンドふうにしてかなり近い位置にめだたないように置かせてもらった。自分で言うのもなんだけど、いい感じで録れた。

 

天窓が十字架ふう
本番中
録音用マイク
.

 

 

2012年9月  車載オーディオ マッキンに!!

 

納車されたその日から録音機材満載で西へ東へ、良く働き、たいした故障も無くエンジンの調子もすこぶる良い我が家のレガシー君、さすがに車齢9歳、走行距離まもなく16万キロ、今回の車検はお金がかかった。ゴムブッシュなどの経年消耗品からATオイル、デフオイル、マフラーやワイパーまで、車も古くなると色々あるね。かといって車が不調で仕事に穴じゃしゃれになんないのでディーラーでしっかり整備。

そう言えば車検の10日前にカーオーディオが壊れた。ちょうどマドンナを聴いていた時に、次の曲がかからない。最初はiPodがエラーしたのかと思ったらFMもCDも全部ダメ、見た目の表示部は問題ないが、どうやらメインアンプが逝ってしまったようだ。へぇ〜、長年車乗ってるケド初めての経験だ。
車載のオーディオは外すのがすごく面倒、せっかく外すんだしと思って以前にヤフオクで落としたきり放置していたマッキンに載せ換える事にした。マッキンはヘッドユニットとメインアンプが分離してる高級タイプ。ネットの掲示板とか見ると「後付けは無理」と言われてるが、そういう時は横文字検索、海外サイトにはフツーに無理筋を通してしまう強者がたくさんいるのだ。結構面倒そうで放置していたとは言え下調べだけは随分進んでいたおかげで今回みたいないざという時にはすぐに対応可能。半田ゴテ片手に一気に特製ハーネスを作成、メインコンソールの分解方法をネットで落としてプリントアウト、4時間で換装を終えた。すごいなオレ!!


で、流石マッキントッシュ、想像以上に高品位、車検を終えたレガシー君、試運転に行って来た際、気持ちよさのあまりについつい音量を出しすぎてしまった。今度はスピーカーのエッジが逝っちゃったかも。でまたもヤフオクで検索するとマッキンのスピーカー中古が1本1000円で出ていた。そろそろみんながあきらめる古い車に乗ってると良い事もある。

 

壊れちゃったオーディオ
バラバラに分解
きれいに収まったマッキン
.

 

 

2012年9月  若者Recording NEW !!

 

今回の若者は新人の若い娘のDEMO Rec.
かわいい顔、しかもナイスバディ、ニューヨークのストリートでも唄ってたっていう強者だ。スタジオ入りした当初はかなり緊張していたようだが、回を重ねる毎にどんどん上手くなる。 「いいね!!」x10
アップテンポとスローなバラード、やたらはじけたロックの3曲、はじけたロックは一番苦手ってって言ってたけど、トライしてもらったら帰りには一番好きな曲になったそうな。「この曲、次回、もう一度、マジ練してくるのでぜひ!」と言われてしまった。先が楽しみだ。

ちなみに今回も家から一番近いスタジオ(川崎市アートセンター内)での収録。多少機材は古いものの唄入れなら問題は無い。

 

スタジオ入り口のロビー
コントロールルームで
絵里奈
.

 

2012年8月  Sonic soundBlade LE を導入

 

4月にアップグレードしてDDP出力に活躍してもらったPrak Studio、日本語のCD-TEXTにもまもなく対応ってとこだったのに会社自体が消滅 、どうしよう〜?!と思っていたらメディアインテグレーションから「 Prakを持っていればSonic soundBlade が半額で購入出来る」 っていうキャンペーンのお知らせが.......。うたい文句は「長年にわたり世界中で多くのエンジニアに愛用されてきたSonic Studio社のマスタリングシステム。soundBlade(サウンド・ブレード)は、Mac OS X対応の、唯一のフルスペック・マスタリング・ワークステーションです。」だそうな。

僕は 「マスタリングは最後の仕上げなのでご専門の方にお願いしたい 」派 なのだが、 「マスタリング、mu-の好きな人にやってもらっていいケドその分mu-のギャラが減っちゃうよ 」って脅される事も多い今日この頃、マスタリングまで自分でやんなきゃいけないプロジェクトがほとんどになってきた。その上、最近では 「DDPファイルセットで納品 」が必須。そんな折りにこのメール、え?!8月いっぱいの期間限定?! 思わず即バイトしてしまった。 うっ、うっ、今月暇だしお金無いんだけどなぁ。。。。。

せっかく買った事だし、すでに納品していた「Messiah 」練習がてらsoundBladeでやり直してみた。

 

Peak の編集画面
半額!!
Sonic soundBlade LE の編集画面
.

 

 

2012年8月  若者シリーズ、追加曲

 

6月に完徹とかした若者のロック、ライブの際にキーボードのサポートメンバーを紹介したら「レコーディングの前に知り合いたかったぁ〜!!」って言うので軽い気持ちで「じゃぁ、もう1曲、彼のアレンジで追加収録すれば」って言ったら、トントン表紙でそうする事になった。今月はヒマだったので何の問題も無い。でも今回は昼間のセッションにしてもらった.....。

 

今回はミニマムシステムで
Vo. 渡辺 豪
RME 内蔵のコンプは秀逸
.

 

2012年8月  暇ですぅ。。。。

 

忙しかった7月、並行して進んでいたプロジェクトが一斉に終了〜!! 8月予定だったプロジェクトが9月スタートになっちゃったりして開店休業状態に.....。トホホホホ、まずいよぉ。。。。。

そんな中、普通の方々の休暇開けの8/17、DEFFA 有明にてでっかいイベント「ニコニコダンスマスター4」のLIVE配信ミックスのお仕事。
4人もサポートメンバーを雇って、LIVE配信のシステムを仮設(コンソールはヤマハM7-48)、生バンド有り、シーケンスも有り、DJアリ、ヘッドセット付けて唄って踊る方々アリ、出演者超多数っていうイベント。本番中は両手をフェーダーにおいたまま手に汗握るドキドキの連続。このダイレクトミックスの緊張感がたまりませ〜ん!!! 結果は自分では「バッチリ 最高!!」と思いますが、気になる方はタイムシフトで見て(聴いて)ね。

写真左上、本番直前のショット 僕の顔 シルエットしか見えませんが、明るい時は忙しくて写真どころじゃなかったです。
ちなみに僕のMIXは上手搬入口外に駐車した中継車で,配信後の音は品川のSEDスタジオでNS10Mやパソコン環境で交互にモニターされ、コンソール横に置かれたマックにSkypeで「唄が遠いかも!」とか「ギター聴こえにくい!」とかの指示がTEXTで飛んで来るってしくみ。なにせSPLメーターで90〜100dbの環境下でヘッドフォンミックス。前回、ニコニコ超パーティのLIVE配信ミックスのお仕事の時は外部でのモニター環境が無くて苦労したので今回は鉄壁の布陣。音はバッチリだったもののかかった経費も半端じゃないし、スタッフのみんなには「打ち上げやりましょう〜!!」って言われてるし、やらん訳にもいかんし、こんな暇な月にはトホホだなぁ。(忙しければ忙しいで打ち上げの暇もないし....)

 

本番直前にパチリ!
客席も暑く盛り上がってる!
左側のマックからSKYPEで指示が.....
..
90〜110dbの環境下でミックス
M I X M I X 社の中継車(録音車)
ここが車内のモニター & 司令室
...
お隣の映像チームは大所帯!!
完全に放送局以上のグレードですね

僕のとこはアシスタントと2名でこじんまり

..    

 

2012年7月  癒し系アルバム

 

テレビ、映画などのテーマソングなどを数多く手がけ、別名「劇伴の女王」として知られ、最近では全米で「アジアのニューエイジ」で上位にチャートインしたり、日本人で初めて国連機関ユネスコから『ユネスコ平和芸術家』に任命されたりと世界中で活躍してる凄い音楽家、城之内ミサさんと久々にご一緒出来た。今回は「ユネスコ世界遺産条約採択40周年記念曲」やユネスコ公式ソング「Peaceof mind」のピアノとコーラスバージョンなどを含む格調高いけど超癒し系なアルバム。

7月末締め切り........ ちょうどめちゃ忙しい時期に重なってしまったが、幸いな事に仕事をしながら癒されてしまうのだ!!!!  
なんとかミックスまでは締め切りに間に合っって今仕上がったマスターを聴きながらこれを書いてる。 マジ癒されるぅ.....。

 

ホールでピアノと琵琶の同時録音
唄も癒し系のミサさん
中国琵琶:邵容(シャオ・ロン)と
.

 

2012年7月  引き続き超多忙

 

ゲーム音楽のミックスはなんとか締め切り遵守で終わったケド、7月はロックとクラシックと癒し系アルバムが各1枚、計3枚+αが同時進行で動いていて超忙しい。

毎年7月にやってるクラシックのお仕事。今回で6回目。今年はヘンデルのメサイア、バロックゆえ、オーケストラはいつもと比べるとかなり小振りな編成、(...って言うか去年までがあのステージでは大きすぎでキツキツって印象でしたが......)
曲数はすごくあって50トラック以上、演奏時間150数分、ん?マジでちゃんとCD2枚に収まるんか心配ですが......。(切り分け作業が終わらないと判断出来ない) 一発録りだから切ればいいだけって訳じゃなくて「ヘックショ〜〜〜ン」や「ゴホッ、ゲホ」を消したりする作業も有るし、切り分けも52トラックとなると数だけ考えても大変。なにしろ一回通り聴くだけでも150分はかかる.....。先が長そうだ......。

 

オペラシティホール
今回もメインは1bit 5.6MHZ (2CH)
譜面チェックを手伝ってくれたトモちゃん
.
おおむねいつものシステム
早稲田謹製 超高性能1bit 録音機
強い味方2人組 高坂君 & トモちゃん
.

 

ロック盤は先月の徹夜シリーズのミックスとマスタリング。チャンネル数は少ないものの、少なければ楽って感じでも無い。たとえば「芝居の最後に歌うテーマ曲で、悲恋悲劇+主人公死んでる・・・という設定、かつ主人公がかなり線の細いタイプで、余り力強くないひたすら繊細に美しいロックがいいなぁ・・。」みたいな指示がプロデューサー様から....。 歌詞のメッセージがカッチリしてるので唄入れの時に気がつくべきだったが、エンジニアのサガとしてあんまし線の細いボーカルはついつい避けちゃうので、改めてその方向でサウンドメイクとなるとそれなりに大変なのですねぇコレが.......!! 

癒し系アルバムはと言うとめちゃめちゃ心地よいもののクラシック系オーケストラ編成ゆえチャンネル数は凄い(ゲーム音楽ほどではないが)のでバランス取るのが中々大変。もっと大きいディスプレー欲しいなぁ.....。もし40インチくらいのにしたら全チャンネル表示出来るのかなぁ.....(現在は23と17のデュアルで全チャンネルの2/3くらいを表示可能)、でもなぁ....今でもセンタースピーカー半分かくれてるしなぁ...。
今月後半にはホールで大編成コーラス、スタジオで唄も録る予定。

しかし、よくもまぁ、こんなに色んな分野のお仕事が同時に来たもんでだ〜〜〜。 毎日楽しくて楽しくて嬉しい悲鳴ですね〜!!

 

.

 

6月後半〜 超多忙

 

ゲーム音楽のお仕事、まだタイトル等も未公開(契約書で守秘義務が...)なれど、誰でも知ってる超有名タイトル。前に何作かやったドラゴンボールシリーズの音を聞いた作曲家様からガンダムのお仕事が来て、ガンダムを2作やったとこでそれを聴いたプロデューサー様から今回のお仕事が来た。全世界発売ゆえ音楽も大作。ハリウッド映画のサントラみたいな素敵な曲。そういう曲なので、チャンネル数もハリウッド並み(?)。なんとか締め切りにはギリギリでセーフで間に合った。

僕のProToolsは190CHまで扱えるがこのクラスのお仕事だと全然足りない。プラグインもカツカツ。ステムミックスで少しずつまとめながらの作業はちょっとした変更でも中々大変だ。僕のマック、まだG5やし....。そういえば最近導入したソフト、ほとんどG5は未対応、インテルマックのみってのが増えてきた。サンダーボルトで接続するMAGMA Thanderbolt Sonnet Thanderboltも発表された事だしOS X Mountain Lionもリリース、いよいよMACもProToolsもアップグレードするしかないかもなぁ.......。

 

DSPは限界!!

たとえばこんな!! 末番の方になるとほとんどのプラグインがグレーアウトで使えない

     

 

6月後半〜 石巻へ

 

ゲーム音楽のお仕事、締め切りは変わらないが、諸々変更が多いらしくデータが来るのが少し遅れる事に。急に空いた2日間、訳あって、ディップ君のふるさと、石巻まで行く事になった、往復1200K、遠いね。あれからもう1年と3ヶ月、だんだんと人々の記憶も風化していき、遠くの出来事になりがちかも....。 石巻、ほんの一部の市街地を除き、かつてなら風光明媚と言われる様な場所にはほとんど人の気配も無く怖いくらいのゴーストタウン。仮設道路をダンプや大型重機だけが凄いスピードで通り過ぎてゆく。ナビを見ると左側は川、右側は陸地のハズだが.....。そんな場所がそこかしこに...。道を走ればまだまだいたるところに惨事の爪痕が残されていた。. . . . 合掌

 

こ、こんな場所でも.....!!

ダンプ街道? 右側はナビ上は陸地だが...
めちゃくちゃに壊れた消防車が....
     

 

6月 bias社消滅

Mac用の波形編集ソフトウェア、Peakシリーズで知られるBias社は6日、業務を停止したことをWebサイトで発表した。数少ないMAC専用ソフト、老舗メーカーの業務停止、ちょっとした2CHの編集やDDPの出力とか、友人にもユーザーが多かった。僕はPeak4くらいから少し疎遠だったがほんのこないだ(4月)にアップグレードしてDDP出力に活躍してもらおうと思ってたのにめちゃくちゃ残念!!!!

 

 
 
     

 

5月は超ヒマで稼業存続の危機  6月中旬 若者達と完徹のバンドレコーディング....。

 

5月、稼業存続の危機と言える程の超暇状態だった。フリーだからボーナス無いのに6月は支払いだけがボーナス月。ど〜すんの?!って言っても無いもんは無い。......まぁ、新しいソフト(IZotope IRISとかPresonas Studio oneとか)やハード(RME UCX)入れたんでお勉強には良かったケド、そんなんはじぇんじぇんお金にならんしぃ....。しゃ〜ない、こういう時は音楽家らしく(?)カミさんに食わしてもらうとして.....。

6月中旬、久々に若い人たちとリハスタに持ち込み機材で完徹のバンドレコーディング....。この徹夜シリーズを皮切りにアルバム2枚とゲーム音楽のプロジェクトが一斉に動き出した。しかも、さらに別のオファーも。........ったくぅ。もうちょっと平らにならしてくれればどんなにいいかと思いつつ、何故かいつもこんなだ。

3日で5曲完パケ、夜スタートで朝まで!! めっちゃ楽しいレコーディングですが、やっぱ完徹はキツイかなぁ。。。。特に3日目は終わってから早稲田、それ終わってもう一つお仕事して、やっと帰れるかと思ったらそういう時に限って台風で電車が止まってるって.....。トホホホホ。

ドラムを含め、みんなで録る日はいつものセット、唄ダビングの日は新しく導入したRME UCX、コイツが小型ながらめっちゃ音がイイ!!しかも内蔵DSPで中々秀逸なCpmpが使える。マイク入力が2つだけってのが惜しいって言えば惜しいが...。 でも、素晴らしいですよ!!
ちなみにプレイバック用のモニターまで持って行くとなると超大変なのでハウスのミキサーに繋ぎ込んででかいモニターで爆音試聴ね。

.

ドラム:甲田悠一郎

作詞作曲ギター&唄:渡辺 豪

ベース:近藤あきら
.    
ONYX800 + Digi003 set HDはTAC
新しく導入したRME UCX
めずらしくTシャツ姿の僕

 

ちなみにアレンジ&キーボードのナルちゃんは我が家から徒歩圏ながら今回も「データ参加」、あんまし出不精だと太るぞぉ!! 一番若いフルートの夏美ちゃん、実はまだ女子大生、うっかり写真撮り忘れた。....なんだかなぁ....。

 

6月 森田英介トリオ「ANIMA」リリース

2月に横浜のJAZZ CLUB「カモメ」でLive Recordingした森田英介トリオのCD「ANIMA」、色々有って結局スタジオ録音分のみでのリリースになったが、めっちゃめっちゃカッコイイですよぉ〜!!

 
 
     

 

 

 

2012年4月  ニコニコ超パーティDirect MIX

メジャーレーベルも裸足で逃げ出すくらいの勢いを持った怒濤の新興勢力ニコニコ動画が誇る年に一度の大イベントニコニコ超会議。幕張全域で行われる超会議各種催事の中でも超目玉がこれ「ニコニコ超パーティ」VOCALOID、歌ってみた、踊ってみた、など音楽カテゴリによるコンサートはもちろん、いきなり元総理大臣が登場して『今日のITがあるのは私の功績」って話が出て来たり、技術部や生主、ゲーム実況などによるパフォーマンスや誰でも知ってる超有名アーティスト数組が降臨、予測不能にして制御不能な出演者達がノンストップで繰り広げるニコニコ史上最も熱く、最もカオスな2日間!!

めっちゃ楽しそうでしょ!!ハイ、めっちゃ楽しいのですが、入力数100CH以上、100タイトル以上の出し物をノンストップで次々やってそれをダイレクトMIXして配信!!むちゃくちゃ大変でした。仕込みから撤収まで4日間でスタッフの睡眠時間トータルはたぶん8時間以下、1日目は本番の前に別イベント(DearGirl)があってリハはナシだったり2日目は朝7時からリハやってリハ終了時にはもう開場時間で手直しや見直しの時間も無く本番だったり、本番中もマイクの変更や飛び入りで追加等、まさに「予測不能にして制御不能」なステージ、私3K痩せました!!でも楽しかったぁ〜!!

今回のDirect Mix、コンソールはAVID VENUE Profileを2台、Stage Boxを3台(144入力) 、すごく使いやすいコンソール。でも、さすがにこのチャンネル数だとD面までフルに使用、予算が許せばもうひとつ上の VENUE D-SHOW とかだとさらに使いやすいかも。。。。

映像系も超最先端! ステージに下りて来た透明なアクリルスクリーンに投射されたVOCALOID達が 生バンドをバックに歌って踊ってとかもあって、たぶんこんなコンサート、世界中探しても何処にも無いと思います。生バンドも譜面は IPAD、足下のスイッチで次々切り替えて見てるですよ。来場者は10万人、キャパ1万人のイベントホールは両日ともソールドアウト、配信のコメント数がなんと200万コメントを超えるという想像を絶するイベント。いやぁニコ動って凄いね!!!

.

客席後方、最先端の映像制御ブース

SubMIX を手伝ってもらった二人

ちょっと疲れた顔の私

     
譜面はiPADで表示
ブル-ツルーズの送信部
足下の譜めくりスイッチ
...
...
 
サブウーファー横のAudience Mic OM6
Stage Front Audience Mic Audix OM6
PA席のAudience Mic  C451
...    

 

 

2012年4月  DDP導入

進行中のミニアルバム、ミックスしてマスタリングして納品、今までだとマスターはCDR(CD-DA)で納品していたが、最近はメジャーのレコード会社様とお仕事する場合はDDP(Disc Description Protocol)納品があたりまえになってきた。ファイルベースだからサーバーで管理する場合も便利だし、CDRのように盤のエラーチェックは必要無いし、微細な変更でISRCを取り直したような場合でも変更が簡単でメールでの添付も出来るのでとても便利。流れとしてそっちに行くのはもうしょうがないよね。
マスタリングを生業とすてる方々は昔からSonic Solutionsのソフトを使ってる。廉価版のPreMaster CDでもDDP出力ができるが、どうも気が進まない。Wave Lab って手もあるが、最近マックに対応したとは言え元々はウィンドウズのSteinbergの波形編集ソフトゆえ、どうも直感的な理解がしにくい。(ウィンドウズ使ってる人にはむしろ使いやすい) マック用だと昔から2CHの編集ならPeakってソフトが定番。

....って訳で今回はPeak Studio(価格:税込47,250円)を導入、めでたくDDPにも対応出来た。 DDPのファイル構造、 なんかどっかで見た覚えがあると思ったらアダプティックJAMのプレイリストそっくり。その後、JAMが無くてもTOSTだけで自動的にPQも入るようになって遠ざかっていたケド、原点回帰って感じかな。このソフト、マジで惜しいのはそのままCDRに焼く分には日本語TEXT可だが、DDP出力に関しては英語のみ。今回はJAZZのアルバムでタイトルもすべて英語だったのでセーフだったが、早急に日本語対応していただきたいと思う今日この頃だ。

 

Peak Studioの編集画面

各曲毎のメタデータも入力

一番下、DDP2.0でも出力可 
..    

 

 

2012年3月  またしても.....

先月、突然壊れて速攻で代替え品をゲット、リカバリーしたつもりだったマックG5 水冷2.5G Dual 、今度は何故かProToolsを使ってる時に限ってなんの前触れもなく電源が落ちるっていうトラブルが頻発.....。ProToolsのボードを外すと正常動作するが、それでは意味がない!! 急遽後輩のエンジニアのスタジオで埃をかぶっていた引退した2G DualのG5をいただいて来てProToolsのボードを移植するが、どうやらこいつも不調。一見問題無く動作するが数時間作業をすると具合が悪くなり凍る。不調のマックばかり3台になってしまった。ちなみにAHT(Apple Hardware Test)でも異常なし。DigiTESTでもボードは3枚とも合格だ。OSをクリーンンストールしたりアクセス権の修復をしたりメモリーを買えてみたりしたがいずれも解決しない。さすがにもうすぐ8年となるかなりのご老体、2TBのハードディスクにPro Tools Accel3は荷が重いのかもしれない。さて、どうしたもんかなぁ....。ヤフオクでは2万以下のG5がいくつも出ているがやはり同年代ゆえ危なそうなタマが多い。こないだゲットしたのも見た目しこたまいいコンディションだったのに肝心のProToolsには不向きだった。どうやら電源が弱ってるようだ。G5はすでにAPPLEのサポートは終了してるのでメンテナンスも修理も自己責任、困ったもんだ。 色々調べてみると当時のフラッグシップとは言え水冷マックはどうも評判が悪い。結局、2G Dual のジャンクと2.3G Dual の美品をヤフオクでゲット、各部徹底クリーニング & 諸々チェックの上、なんとか完動品が2台にこぎつけた。完全に動作する2.3G Dual か、ほぼ完全に動作する(2画面にすると 不安定)2G Dualなら高性能な2.3G Dual を選ぶのが順当だが、クロックが高いせいか内部温度も高くなりがちでファンノイズがうるさい。やっぱ水冷2.5G Dualが良かったなぁと思いつつ、結局当面 2G Dualを使う事にした。

ほんのこないだまで、8コアか12コアのインテルマックをほとんど買おうってとこまでいっていたのだが、肝心のPro ToolsをHDXにするかNativeにするか、迷いに迷ってた。そんな中、CPUは本当にXeon"Westmere"プロセッサがいいのかCore i7系のプロセッサがいいのかも迷う所だし、もうまもなくしてMAC PROの新ラインナップが出るっていう噂もある。最大10Gビット/秒の高速インターフェース「Thunderbolt(サンダーボルト)」用の拡張シャーシがマグマソネットから4月に発売されるって話もある。サンダーボルトはすでにMAC BOOK PROには搭載されているから近々にディスクトップのラインナップが全面的に変わるって事も12分にあり得る話だ!! MAC MINI + サンダーボルト付きのマグマのシャーシって選択肢も 十分アリな今日この頃、どう考えても(仮に今、潤沢な資金を持っていたとしても)今システムを一新するってのは最悪のタイミングだ。今200万かけたら6ヶ月後には時代遅れのマシンいなっちゃうなんて事や、あるいはもっと速いシステムが100万以下になってるなんて可能性がかなり高いのだ。ここはなんとかあと半年くらいはこのG5にがんばってもらおう!! 

幸か不幸か(本来ならめっちゃ不幸)今月はめっちゃヒマだ!! ほぼまるまる10日くらいはマックの修理にかかりっきり、部屋はグチャグチャ、ストレスたまりまくり。なんとか作業環境が整ったったのは次のプロジェクトがスタートする1日前。もうサーバーにパラデータが上がった頃だった。ふ〜ィ、なんとかまにあった。危なかったぁ〜!! ま、ヒマでしたがお仕事に穴をあけなかっただけ良かったと思う事にしよう。

.

所狭しと5台のG5 修理中

新旧CPU ブロックもゴロゴロ

調整 & 保護観察中
..    

 

 

2012年2月  もしかして対極??

大人のJAZZアルバムと同じタイミングで「おはようございま〜す!!」の声も新鮮なまもなくデビューの超かわいいアイドル3人組の録音!!! なんとデビュー曲はすでにタイアップ付きっていう期待の新人だ。その上、アイドルなのに唄がめっちゃ上手い!!! 残念ながらまだ情報未公開ゆえモザイクつきでそうっと公開ね。。

このところすっかりNEVEづいてしまっているのだが、(僕はSSLかAPIが大好きなのに..)今回は極めつけ、この日の録音はStudio DARI、卓はビンテージのNEVEコンソール2台(モニター卓も相当に古めのNEVE)EQ入れると超ガリるのでNo EQ、まぁ、好きな人にはたまらない環境なのだろうが、そういう曲じゃないし.....曲想はどう考えてもドコンプのサウンドなのだが 、音造りは後処理ちゅうトホホな状況。そのせいかミックスは思いのほか四角い波形と相成った。

まだ未公開

まだ未公開
まだ未公開
..    
プロデューサーもまだ未公開
わたひ
ビンテージのNEVE
..    

 

 

2012年2月  バレンタインデーに大人のJAZZ LIVE Recording

最初はスタジオ盤のマスタリングを頼まれたJAZZ TRIO、トントン拍子に話は進み、横浜のJAZZ CLUBでLive Recordingする事になった。平山 惠勇(Ds)、森田 英介(P)、グレッグ・リー(B)によるスペシャルトリオ。現代的でファンキーなジャズ、僕の大好きなカテゴリーだ。場所は横浜(関内)ソファー席もたくさんある超おしゃれなジャズクラブKAMOME、凄いのは専属の調律師さんがいてライブ直前にも(開場してBGMが鳴ってる暗いステージでフツーに調律してる。....凄い!!)さらに、一部、二部の幕間にも調律が入る。おかげでピアノの音はバッチリだ。ピアノトリオのライブ録音には最適。とは言ってもJAZZのライブハウスなので録音の事など考慮されてる訳も無く、機材一式ケーブルもマイクも全部持ち込み。なんとバーカウンターの上に機材を置く。う〜〜む、そういえば前に木根尚登さんの録音を四谷のBARでやった事もあったなぁ....と思い出しつつ。この日の天気予報は夜から雪!! そのせいかお客さんの入りはイマイチだったがめっちゃ熱いライブ。バッチリ良い音で録れた!!

パッキング前に全部繋いでチェックする。

トランク一杯の機材!!
KAMOME外観
..    
Stage左側のカウンター上にセッティング
今回も手伝ってもらった静さん
..    

..    

 

 

2012年2月  マジですかぁ〜?! MACが壊れました。

結構大変なミックス作業がほぼ佳境を越え、ミックスのバックアップ作業をMACにまかせて僕の愛犬DIP君と散歩に行って戻ると妙に部屋が暖かい. . . って言うかむしろ暑いくらい。MACのファンが全開で回っている。画面には 「具合が悪いので電源切ってよ」のカーネルパニックの警告表示。シャットダウンして再度電源を投入。「ジャーン」という起動音、画面にアップルマーク、で、ブルーバックになって、ディスクトップが表示されるハズなのだが、ずっとアップルマークのままだ。
懇意にしてるアップルのオーソライズディーラー(TACSYSTEM)に電話を入れる。ほどなくコールバックがあったが、ロジックボードかCPUか、あるいはその両方が逝ってしまった公算が高いけど、G5はすでに修理部品の供給も終了したのでApple純正での修理は不可能との事。(まじいなぁ)いくつかあるApple認定以外の修理屋さんなら直るけど2〜3日の入院でロジックボード交換だと4万円、CPUも逝ってたらもう4万円かかるそうな。なにせ7年半も働いてる。当時は最速だったとは言え進歩の速いコンピュータの世界で7年半も現役ってのは考えようによってはもの凄い事だ。「そんな古いマックにお金かけるだけ無駄だよ」って皆に言われる。

ただねぇ、僕のProTools Systemがのボードスロット形状がPCI-X仕様、最近のMACはPCI-E 仕様なのでMACを換えたらProTools Systemもまるごとアップデートが必要。そうなるとプラグインのアップデートを含めて200万円超えの出費。現状かなり敷居が高い。

幸い、MacBookProのサブシステムにはProToolsの最新バージョン(Ver.10)、プラグインもWAVES Mercuryを含めほぼメインシステムと同じ物の最新版を入れてる。ミックスの続きはサブシステムでやってなんとか締め切りには間に合った。よかったぁ〜!! 今回も予備機とバックアップの重要性を改めて痛感した。

結局はその日の夜ヤフオクで見つけた僕のと同じマック(水冷のG5_2.5G_dual)を落として翌日朝ピックアップに行ってただちにチェック、ラッキーな事にコレがまたえらい良い状態のマック(スッピンのマックでたぶん全然使ってなかった?)。HDD(2TB)やメモリー(4GB)、ProToolsのボード3枚、AirMacを壊れた方のマックから移植して昼過ぎには完全復旧。やったね!! これでしばらくはまだG5で行けそうだ。

具合が悪いので電源切ってよ...って表示

外見はどちらもピカピカだが.....

内部(ファンまわり)にはかなりの埃!

.    

 

2012年1月  7 万人の来場者 :Oster Project LIVE

昨年夏にレコーディングしたOster Project のライブがニコファーレで行われた。満員の会場、スタンディングで満員でも300人ちょろの小さな会場とは言え日本でもココだけ、世界でも2ヶ所しかない360度LEDスクリーンに囲まれた素晴らしい会場だ。 もっと凄いのがニコニコ生放送用の1070 i の高画質、高音質配信設備が常設されている事だ。限定家庭に貸与されたセットトップボックスによる視聴率調査なんかと根本的に異なり、接続視聴者数(画面表示では来場者数)がリアルタイムに表示され、リアルタイムでコメントも入力出来る。視聴率っちゅうか、人気の度合いがめっちゃわかりやすいシステムだ。しかも完全インターラクティブ(双方向)仕様。今回は7万人強の来場者、武道館キャパが1万5千人とすれば5回公演分???!!!凄いね!!! さらに、終了後すぐ視聴者向け4択のアンケートが行われる。幸いにして「良かった」評価が95%、所属レコード会社の社長、副社長、取締役の皆様方もニコニコしてお帰りになった。ほっと胸をなでおろす。来場者7万人強も、「良かった」評価95%も中々無い事らしい。

ニコファーレが出来てから大変そうなプロジェクトだけ僕のトコに配信ダイレクトミックスのお仕事が来る。AKBやSKB、アイドリングなど世間的に超人気のアイドルや世間的にはあまり知られていないファルコムJDKバンドみたいな実力派アーティスト、僕の大好きなスガシカオもやったし、クリスマスの夜中にはTMRのライブもやったが、今回はニコファーレ始まって以来の最大編成だ。デジタルコンソールのフェーダーは24本、3レイヤーだから使用可能で72インプットだが、今回はめいっぱい埋まった。第一レイヤーにはリズム隊とミク関係のシーケンス系&ボーカル、第二レイヤーにブラス隊とストリングス、第三レイヤーにはオーディエンスマイクやリバーブ、SEや客入れBGMとかって具合で一応全チャンネル収まってはいるんだけどギターソロの後にストリングスソロやベースソロの後にサックスソロとかって場合はやっかいなシステムだ。幸いアルバム1枚、録りからミックスまでやってるんで曲構成は完全に頭の中に入ってるんで次に誰のソロが来るかは分かっているもののそれでも大変。そういえばカメラチーム、固定カメラも含め15台ものカメラ、参考音源はあるもののカメラ割りは大変だっただろうなぁ〜!!!

OSTERさんのライブ

配信用のダイレクトミックスシステム

カメラモニター & スイッチャー

.    
OSTERさん
ファルコムJDKバンドの美月さん
フルートのはるかさん
..    
気管支炎にもめげず唄った野宮あゆみさん

超ど迫力 熱唱中のウサコさん

「良い」評価 95% !!!!
..    

 

2012年1月 あの一口坂スタジオまで.......

ここ数年、中小は言うに及ばず、大手でもコロムビアスタジオが無くなり、EMIスタジオも無くなり、次は○△□スタジオ....って噂が次々に現実になっていった。僕の昔の職場、あの素晴らしいEPICURUS Studioも、大好きだった六本木ソニーも信濃町ソニーも無くなり、いくつもあったレジデンススタイルのリゾートスタジオも次々に潰れ、がんばってた河口湖スタジオももう無い。海外でも僕の大好きなO HenlyやCelloを含め、相当数のスタジオが凄い勢いで消滅している。そんな中、ついにあの一口坂スタジオまでが1月で終わってしまうと言う。いったいこの業界はそうなってしまうのだろう?

4500年前、東西南北もピッタリで王様の部屋から一直線に伸びた小さな穴から北極星が見えるなんていう驚異的な建造物(ピラミッド)の中の壁画には楽器が記されていて実際にいくつかの現物が出土している。
現代楽器と比較しても素晴らしい音色ゆえ高額で取引されてるストラディバリウスやガルネリのバイオリンやチェロは200〜300年も前の作だ。
一方、録音っていう作業は1877年のエジソンの蝋管までは全く何の記録も無い。電気的な録音システムが始まったのが1930年代、ステレオレコードが実用化されたのが1957年、CDの登場が1982年だから音楽の長い歴史に比べると録音の歴史はめちゃめちゃ短い。まぁ電子計算機や飛行機の歴史の短さも似たようなものだが......。

で、仲間が何人か集まれば、たいがい「どーなんてんの?」「悲しいねぇ...!」「困ったねぇ..!!!」なんて話になる訳だが愚痴っていても仕事が増える訳では無い。コンピュータが巨大なメインフレームから一人に1台あたりまえのパソコンに変わってったように、この業界でも何かが凄い勢いで変化しているのだろう。僕も一生音楽でメシを食ってくつもりだが、中々タフな業界になってきたもんだ!! . . . . たく、なんてこったい!!

ネットで検索してみるといろんな数字や統計が載っている。

ふむふむ、何々?!日本レコード協会のページに音楽ソフトの生産金額推移が載っていた。ヘェ〜、この10年で半分以下、もう3千億も無いんだぁ.....。どうりでめっちゃヤバイ訳だ。 ゲーム業界の規模はケタが違って単位は兆円だけど2007年がピークでここんとこ下降線、結構厳しい状況と言われている百貨店業界の売上高は10年で3分の2に減ったものの、まだ6兆かぁ。。。。

 

音楽ソフトの生産金額推移は....

ゲーム業界の規模はケタが違って単位は兆

百貨店業界の売上高は6兆

.    

アメリカもヨーロッパも結構ボロボロ、そんな中にあって中国、とりわけ香港や上海、北京はまだまだ高度成長で凄い活気らしい。最近の話題ではEXILEのATSUSHIとかも中国で唄ってきたのが話題になったりで音楽関係者も注目しているエリアだ。こないだライブを見に行ったJazzeal.も海外公演を考えてるとか言ってた(プロモーションしてきてねって)。.....って訳で、まだ海のものとも山のものともわからないが、とりあえずMACAUへ「打ち合せ」に行ってきた。MACAUはカジノの売上規模がラスベガスを超えたのが話題になったが、他にも狭いエリアに沢山の世界遺産が残ってる不思議な街だ。世界屈指のエンタティンメントCITYになるかもしれない。ただし、MACAUも今は中国の一部。中国の場合は活気もマーケットの魅力もあるもののビジネスとしてはまだまだ中々難しい。今の所はとりあえずアンテナだけは立てておこうって感じかな......。

今回の帰国前日、MGMでのパーティを終えて外に出ると結構凄い霧、霧の夜景も奇麗だが、翌日朝のフライトへの不安が的中、滑走路まで行ったものの駐機場へ戻って待機となってしまった....。レギュレーションで175mの視界確保が必要らしいが、この日の視界は100mに満たない。駐機場で窓から見てエンジンは見えるものの、ほんの20〜30m先の飛行機がほとんど見えない。幸い1時間程度でなんとか離陸出来たが、僕らが出発してからまた霧が出て大変だったらしい。

..タイパ島へ続く橋も美しい
霧の夜景も奇麗だが.....
視界は100mに満たない
.

 

2012年1月 正月からProTools 10で初録音

昨年はがんばって元旦から姫沙羅のレコーディングだったが、本年は諸般の事情で正月2日に行った。ProToolsをVer.10にアップデートして初めての本番レコーディング。出発前に一度組み上げてチェックしてるから心配はしていなかったがセットアップして準備万端でふとACアダプタの接続部部を見ると、アレ??電気来てない。でも、M-Audioのインターフェィス経由でマイク3本とも生きてるので100V自体は来てるようだ。(M-Audioのインターフェィスはバスパワーだと入出力とも2CHになっちゃう)考えられる原因は2つ。Mac Book ProのACアダプタが壊れたか、疑似正弦波インバータに対応していないかだ。なにしろ姫沙羅の二人が暮らすこの家、氷点下10度の中、電気も水道もガスも無い。100Vのコンセントに挿してチェックなんていう普通の事が出来ないのだ。去年は同じインバータの100VにMac Book(黒)のACアダプタをつないで充電出来たんだが、今年は新調したMac Book ProゆえACアダプタも違う。....うむむむむ、そこまではチェックしなかったなぁ....。ま、新曲4曲ゆえ、一応フル充電済みの内蔵バッテリーで録音スタート。囲炉裏や薪ストーブが時たま「パチパチ」とチャチャを入れてくれるがレコーディングは2時間弱で無事終了。ミックスは自宅へ帰ってからなのでなんとかセーフ。内蔵バッテリー、以外と長時間持つんだね!!!

帰宅してからコンセントに繋いで見ると問題無し。故障ではなさそうだ。そこで、別のインバータも借りてきてチェックしたけど借りてきたインバータももれなくアウト。今まで何度もフィールドレコーディングでインバータのお世話になってたのに......。 で、試しに去年充電OKだった古いMac Book(黒)のACアダプタを同じインバータにつないでみるとどのインバータにつないでもOKだ。うむむむむ!!! このアダプタが僕のMac Book Proに正式に対応してるのかは不明だがとりあえずは問題無く動く。次回はコッチのを持って行こうかなぁ...。

ちなみに、こう寒いとバッテリー性能もかなり落ちるようだ。そんな中、我が家のディップ君、ちょっと歩くと足が雪玉でいっぱいになっちゃうのに雪原をガンガン歩く(走る)。さすが石巻の子は寒さに強い! 寒い中を走ると言えば、僕の愛車レガシーも今期は冬タイヤを新しいREV-GZに換装、凍結路にはめちゃめちゃ強いし除雪車も来ない林道も結構問題無く走れるし高速道路も快適。ちょっと高かったケドね。

あ、そうそう、以前にProToolsをVer.10からダウンバージョンで作業する時は「SAVE ASで」って書いたが、ウソでした。正しくはプルダウンメニューの「ファイル」から「コピーを保存」、「セッションのフォーマット」を「ProTools7->9セッション」で保存すればOKです。

 

姫沙羅の二人

今回初のProTools ver10

ProTools7->9でも保存

.    
録音場所から15分下ると白川氷柱群
僕のレガシ-電源車は真っ白
100Vは車からインバータで
..    
雪の中を散歩中のディップ君
雪原を元気に疾走中
ぬいぐるみみたい!!
..    

 

 


2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年、2012年、最近のトピックスGo Top PageFaceBook


2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年
2014年最近のトピックスGo Top PageFaceBook