2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年
2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年、 Go Top PageFaceBook


 

2019年 大晦日は収録準備
今年の大晦日、、、、、、 とりあえずの大掃除は終わったものの、、、 新年は3日からライブレコーディングのお仕事。 5日にも別のフォーマットでレコーディング。 諸々のテストを終わらないとパッキングも出来ない。 図面見ながら慎重に進める。 窓の外からは近所の香林寺の除夜の鐘が聞こえる。. . . . . とっとと終わって酒呑みてぇ〜〜〜!!!!!!!
Recording Set を仮組み    図面見ながら全部繋ぐ 窓の外
     
2019年12月 昭和音大ミュージカル卒業公演
昭和音大、ミュージカルコース&舞台スタッフコースの卒業公演、演目はSUSICAL、お楽しみの1週間はあっというまに終了。満員のお客さんのリアクションも最高。素晴らしいステージ!!!!! わひはと言うとFOHをふらふら、ピットをふらふら、レコーディングをふらふら。ピットのFBもFOHもオペはプロ顔負けの女子。レコーディングブースはDanteの設定教えてStudio one教えてあとは放置。学習能力に優れた女子2名がしっかりやってくれてる。かたづけも放置で見に行ったら綺麗にかたづいてた。最近はそーいう時代なんだね. . . . . 。
Recordingチーム   リハ中のみステージが見える  本番中
     
2019年11月 昭和音大管弦楽収録実習
昭和音大の授業で管弦楽収録実習。ホンモノの管弦楽団の演奏を三点吊りに4006、4011、ORTFの3ペアとエアマイクで収録。客席でも聴いて客席の音のイメージをキャプチャーすべく色々とトライっていう超贅沢な授業。ほれに、昭和音大、なんとフォーカスライトのビンテージRED1を2台も持ってる。僕のMicstasyと勝負!!
昭和音大オーケストラ   3ペアのマイク Recording Set
     
2019年11月 Inter Bee
あんましRMEの機材ばっか使ってたせいかmi7のブースでライブレコーディングのレクチャーをすることになった。13日から3日間とも幕張にいます。3日とも15時半から。遊びに来てね。今年のInter BeeはDEMOのお仕事で3日間幕張にいました。DEMOの時間以外は自由なんでInter Beeを満喫。素晴らしい最新技術が満載。中でもソニーの「Crystal LEDディスプレイシステム」の美しさは圧巻!!!グランツーリスモのデモは目を奪われました!!! 圧巻といえばもうひとつ。国内最大のSRスピーカー試聴イベント、過去最多15ブランド18製品が参加。統一音源数種と各社がアピールポイントを発揮する音源をおおむね100dbの大音量で再生。全部聴きたかった〜!! 他にはビーコンを使ったカメラや照明装置の高精度自動追尾とか8Kカメラ映像から任意のハイビジョン映像を何箇所もリアルタイムでほとんど遅延なく切り出す技術とか従来なら「ありえへん事象」が次々に現実のものに. . . . 。
3日間行きます。  まもなく開演  わたひ 
     
2019年10月 レコ発ライブ@吉祥寺Sometime
浜松で収録した鈴木麻美&大石学のレコ発ライブ@吉祥寺Sometime。ホントは10月13日だったんですが台風のため中止。本日のお披露目に. . . . 。素晴らしいライブでした。今日も収録すればさらに素晴らしいライブがキャプチャ出来たのは間違いなし!!!!チョッチ残念。でも、あ〜〜楽しかった!!
鈴木麻美&大石学  麻美さん  CD「ALIVE」
     
2019年10月 Zepp Divercity。ARAKI/AXIZ の収録 
ほんの3日前はすぐ近くのZepp Tokyoで収録、今日はZepp Divercity。ARAKI/AXIZ の収録。演奏も上手くて超派手!!照明もレーザーも特効もめっちゃすごい!!音ももちろんいいね〜〜!!!!ステージ上手、FBブースのすぐ後ろで録音してるんだけど横から見てても素晴らしい!!!いやぁ、役得、役得!! 毎週このペースでお仕事入ると楽しいよなぁ、、、、、 ま、それはさておき、 テストだけして本番で一度も使っていなかったTotal Mix Remorte。せっかくなので今回初めて本番投入してみた。写真ではミクスタシーのとなりのiPadね。ふむふむ、レイアウトのカスタマイズも簡単。メーターも見やすい。Durecの常時監視もリモートも出来る。これイイネ!!! 超便利やん。 ちなみに今回もRME UFX+でStudio One4+DuRecとSEQUOIA 14のトリプル収録です。
 Recording Booth iPad Total mix FX Remort   お立ち台の下の歓声用マイク
     
2019年10月 Oh My Girl ツアーファイナル@Zepp Tokyo
Oh My Girl ツアーファイナル@Zepp Tokyo のライブレコーディング。めちゃめちゃいいステージ、観客の熱気も最高〜!!ビデオチームもたくさんカメラを入れた甲斐があったというもんですね。 録音システムはDigicoのステージラックからもらったMADIにRME MixstacyでAudience マイク6CHを足してコアキシャルと光アウトからそれぞれStudio One4とSEQUOIA 14に収録。IFはRME UFX+!!!トリプルバックアップでDuRecも。 ステージ上手、たくさんあるJBLのSubLowの裏手なんで爆音で体がブルブル、トラックボールが振動で落ちそうになって大変だったけど楽しい1日でした
Recording Booth   MADI いただき口  目の前はFB Section 
     
2019年10月 台風で公演中止 
台風で公演中止や延期が心配やけど、土曜日のSound Schdule収録機材を組み上げてチェック。 今回は買ったばかりのRME Micstasyを大フューチャー。FOHからいただくMADI32ch分にAudience Micを足して40ch分のMADIにしてコアキシャルと光で2台のUFX+で収録するってプラン!!!チェックはバッチリ。本番が楽しみ。 初めての試みがもう一つ。いつものUPSじゃなくてリチウムイオンバッテリーから作られる100Vのクリーン電源。充電に8時間かかるけど4時間はこれで動くんで安心。もし心配ならコレに+してUPS、さらにもう一台バッテリーがあれば何があっても安心やけど万が一小屋からもらう電源が停電するような時ってSHOWも中断だよね。お金が余ってたら例の250万のバッテリー電源欲しいけど. . . . . . 。うぇ〜〜〜〜〜ん、もしかしたらとは思ってたケド、台風のせいで本当に公演延期になっちゃった!!!! 今回は人生初めてのMADI 96K録音かもと色々と準備を進めてたんだが. . . . . 。今日の朝アマゾンから届いたDuRec用のSanDisk SSDとUSBメモリー、明日の本番使用は無くなっちゃたとはいえ忘れないうちにチェックしとこぅっと。
組み上げチェックはバッチリ  RME Micstasy  新しく買ったリチウムイオンバッテリー 
     
2019年10月 内張外してデッドニング
僕のレガシー、旧車環境復活計画は着々と進行中。旧車はスピーカー周りもはじめっからメーカーでデッドニング済みだったがこの車は元がマッキン仕様じゃなくてヘッポコオーディオなんでデッドニングなんてゼロ。信じられないくらいショボ〜〜ィスピーカーがついてる。 旧車からはずしたマッキンのスピーカーにしようかと思ったけどどうせ内張外してデッドニングまでクソめんどくさい作業が待ってるんだからせっかくならとスピーカーもアップグレードしてJBLにした。流石にJBLめっちゃいい音してる。 残りはサブウーファーとシートヒーターやな。
左が純正、右がJBL   元はデッドニングなし   デッドニング済み 
     
2019年9月 六本木EXシアターにて収録
六本木EXシアターにてXOX LIVE 2019『ANTI HERO』収録。頭分けとDanteの2本立て。このホール、流石放送局の持ってるホールだけあって天井からは10本のAudienceマイクがぶら下がっていて好きなだけ使える。今回は厳選した6本を使用。プリアンプは超豪華にRMEの最高峰Mixstacy!!!! このマイクプリ、出力はアナログ+adat+MADIなんでアナログアウトはそのままRioに出力、MADI出力をUFX+につなげるっていう嬉しい仕様。ほんでUFX+は?って言うとアナログx12、adat optix2、MADIが64chっていうとんでもないチャンネル数を録音可能!!!!すごいっしょ!! Danteの方はRME Digiface-Dante、ホールのSWからリタンダントでいただきMAGIX SEQUOIA 14で録るという安心仕様。すごく省略するならコッチだけでも行けちゃうかもなぁ….。
Recording System   Danteはリタンダントで RMEの最高峰Mixstacy!! 
           
2019年9月 「彩冷える」ツアーファイナル LIVE RECORDING@赤坂ブリッツ

本日は久々にビジュアル系バンド「彩冷える」ツアーファイナル LIVE RECORDING@赤坂ブリッツ。相変わらず激上手!! その上、オープニングでは舞台上で炎の玉(マジ熱い)焚くはレーザーは飛び交うわ超ハデなステージ。音良かった〜!!!! ま、F.O.HはLUNA SEAや大黒マキとかをやってる小松さんゆえ音良いのは別に驚かないけど…..。 その分、わたひらにも良い音での収録を期待されてるので今回収録用DAWはMAGIX SEQUOIA 14とStudio one4という音が良い2トップ! I/FはどっちもRME UFX+ !! でDigicoからのMADI受け。早く聴き比べしてみたいね!!!!

 

 Recording Booth  わたひ  SEQUOIA使いのトモちゃん 

2019年9月 麻美さんCDリリース
所用で浜松に滞在中に「CDが出来上がりました。」の連絡が. . . . 。5月に浜松のHermit Dolphinでライブレコーディングしたアルバム。ここで受け取れれば帰りの車で聴くのにバッチリのタイミング。さっそく本人から直々にいただき、新東名を120キロで流しながら聴く。いいアルバムだぁ〜〜!!!!!!!!!
ALBUM "ALIVE"  いただきました !!   新東名

2019年8月 10万キロ巻き戻し作戦

もうすぐ車検って事でディーラーで車検前点検&見積もりをしてもらったんだが、マジっすか?! 6ヶ月点検も12ヶ月点検も車検もいっつもディーラーなんで金額高めってのはわかっちゃいますが、次の車検、最低限必要な金額が57万ですか?!!!!! それにかねてから助手席側不調で懸案のデュアルエアコン、修理すると+15万!!!オイルとか全とっかえしたら総額75万ですとぉ〜〜!!!!!ただでも年末には冬タイヤの新調でもう25万かかるのに、、、、、。(絶句)
前の車もやっぱ15万キロで金かかりすぎるので今の車に変えた。やっぱ替えるしかないんかなぁ、、、。エンジンは絶好調、なんでもかんでもフルオート、カーステはマッキン、電装系はほぼ全部LED。レザーシートにシートヒーター付き。特に不満もなくいい車なんやけどなぁ. . . . . 。車検が通らないとなると話は別。

で、ネットにて同じ車齢のほぼほぼ同じ車を探しまくったところ厚木の中古車屋さんにワンオーナー、走行5万キロ、禁煙車、屋内ガレージって車が70万で出てた。すぐに見に行くと店主もスバル乗り。車はと言うとピカピカなんだけど、オーディオがマッキンじゃない。ナビが純正で古い。リアモニターが無い。レザーシートじゃない(けどめっちゃきれいなシート)、オートライトがついてない。シートヒーターも無い。う〜〜〜〜む。

でもこれまでの車は走行15万キロ、この車は走行5万キロ。10万キロ巻き戻せる安心感はすごい。結局コイツを即決して、レザーシートとナビとETCとリアモニターは移植。マッキンとオートライト、シートヒーターは少し時間をかけてなんとかすることに。スバルのマッキントッシュ仕様車は割と特殊でワイヤーハーネスからしてまったく違うんで同じ14ピンのコネクタでもそのまま繋ぐと大惨事になる。慎重に解析して無事にほぼ全機能旧車 並みになった。

 

とんでもない見積もりが!!!

 

同じ車齢の兄弟車

 

ナビとAudioは全部交換

 

慎重に解析    専用ケーブルも作って マッキン移設完了〜!! 

 

2019年8月 ラインアレー吊り方講習

昭和音大の大ホールにてアレースピーカーの吊り方と調整の講習。ワシ、教える方なんだが本業はPAじゃなくレコーディングなんで、最新のアレースピーカー吊った事なんて数回の経験しかない。ちゃんと教えるにはいくらなんでも心もとない。
って訳でヤマハの友人に頼んで強力な助っ人に来てもらってNEXO推奨のベストウェイを伝授してもらった。持つべきものは良き友やね!!ラッキ〜〜!!

備忘録がわりに吊り方講習ページも作ったよ〜!!

http://www.mu-s.com/Edu/LineArray.html 

 事前にアプリでシュミレーション シュミレーション通りに吊る  角度はチェーンブロックで調整 

 

2019年7月 ミュージカルのお仕事

ミュージカル "Boy Be” 感動で泣けるストーリーと演出。加えて フロントが7.4Ch、ハイトが6CH、リアが4CHの超楽しめる音響。収録&バーチャルサウンドチェック用にProTools12.8とStudio one4をまわす。これまたゴキゲン!! お楽しみは土曜日までなんであと僅かなんだが…。

マジっすか?! 明日本番を控えたゲネで突然のワイアレストラブル!! 幸いライブレコーディング中だったのでどのマイクがトラブったのかはすぐに判明。フットマイクを大フューチャーでなんとか乗り切った。しか〜〜〜〜し、ゲネ終了後のチェックでは何事も無かったようにノープロブレム。こういうのが一番怖い!!!


で、DVD用のミックス、とりあえずステレオミックスを仕上げるとして、「ちょっとしたお試し」でキャストの左右の動きを全部オートメーションで描いてみた。始めてはみたもののめっちゃくちゃに時間のかかる作業。出来上がって誰かに見せてみて反応を見ないとそんな事する意味があるのかどうかもわからん。少なくとも商売的には絶対にペイしない!!!
PANを変えると聞こえ方もかなり変わるんでこんな時こそフェーダーポートが大活躍。コイツがCH名も表示すれば言う事ナシなんやけど…..と思ってPreSonusのページ見に言ってみたら8CH版ならCH名表示もあるんやね。僕の持ってるシングルフェーダーはバージョン新しいのもCH名表示が無いんだケド随分端正なルックスに変わってた。う〜〜〜〜〜、こんなの見たせいで結局買うハメ二....。


 収録中 ProTools VS Studio one  ワイアレスマイクのトラブル 
     
 絶賛MIX中 FederPort ! !  結局買ったFederPort 2 ! !  

 

2019年6月 ミュージカルのお仕事

昨日はバンド&唄あわせ。明日から小屋入り。う〜む、ドラムはアクリで囲むようなんだが赤枠の内側にアクリが立つとしてマイクスタンドが置けるんだろうか?!舞監さんはベクター上ではOKって言ってたケド実際見てみると不安だぁ〜〜!!!

楽しい楽しいミュージカルのお仕事もいよいよ明日が最終日。寂しいなぁ..。そういえば、マジに収まるんかなぁと心配したオケピのドラムスもちゃんとアクリル囲いの中に収まりました〜!!

バンドあわせ   ドラムのくららさん

ちゃんと収まりました!

 

2019年6月 サイモンと再会

朝メールチェックしてたらサイモンが来日してた。東京公演は本日最終日。仕事終わりに大急ぎで満員のBlueNoteにかけつけた。めちゃめちゃ素晴らしいステージ!!!!!会場で偶然サメちゃんと会った。えらい久々!!カウンターでお隣さん。いやぁ、楽しかった!!

 BlueNote 入り口の告知 サイモンと  鮫ちゃんと 

 

2019年5月、6月 麻美さんのCDミックス&マスタリング

収録の翌日、麻美さんの友人宅のスタジオにてさくっとミックス。細かいとこはマスタリングでなんとかするとして大石さん麻美さんが立ち会ってくれるんだからなんとかここで仕上げちゃわないとね!! 一応DSDでも録ったけど、ノイズ処理とかの事もあるんでミックスはProTools。家からJBLの小型モニターを持参。

「満員御礼」いい響なんだけど、そんなに大きくないJazzクラブでのライブレコーディングだと大変。どうしてもAudienceマイクの近くにお客さんが. . . . 曲間の観客の歓声、熱気やグラスの中の氷の音とかはクラブでのライブって感じでいいんだけど、お客さんが多すぎて普段使わないような椅子が登場しちゃうと演奏中に「ギシギシ!」って結構大きい音がする。生で聞こえてる音はマイクが忠実に拾っちゃう。何年か前、佐山さんのバンドのライブレコーディングした時は佐山さんがMCで「地味に控えめなノイズを立ててくれるよりはぜひグラスは演奏中に乾杯してカチャカチャ音を盛大に入れてね。ライブ録音してるから. . . 」って言ってた。まさにその通り。今回はお客さんが多すぎて演奏中の飲み物のサービスはナシ。. . . なので「ギシギシ!」って結構大きい音は入るのにグラスや食器の音が少ない。そうなるとこの「ギシギシ!」をなんとかしないと. . . . 。
ま、RX君がいい仕事をしてくれるんだけどね. . . . . 。逆に食器の音でもたす?!. . . な訳にもいかず。

最後の仕上げ、マスタリングは毎回おなじみのトモちゃん@Winns Masteringにてバッチリ終了。プロデューサーの大石さんもご満悦。 

麻美さん  大石さん  JBLのモニター用バッグ 
     
RX7でノイズ処理  MIX @ Mu-s Work Room  Mastering @ Winns Mastering 

 

 

2019年5月 浜松でLive Rec

浜松のJazzクラブでLIVE Recordingのお仕事、何回かレコーディングしている鈴木麻美さん。今回はなんと、あの大石学ぶさんがピアノって事で力の入れ方は半端無いようだ。せっかく浜松に前乗りしたので会場を下見しつつ友と飲むことに、、、、。
カウンターに座ってすぐに素晴らしい音、「つかぬことを伺いますが4343っすか?」「いえ、4344のモディファイモデル、線材はすべて特注の銀線です」「銀線は10万円コースっすか?」「いえその倍ほど」、、、、やっぱり!!!! う〜〜〜〜む、ここのマスター、やはりただものではない!!!って言ってもわかる人は希少やろなぁ、、、、。

で、店内状況をざっと把握しといたおかげで割といい場所にメインマイクを立てれた。
192/24(ProTools+DuREC)とDSD5.6MHz、大石さん演奏素晴らしい、4006は当然としてピアノマイクのBaby Bottle+ミクスタシーもいい音してる。

 

長年の友人岡林くん  このカウンターの両サイドに4344  ピアノ用にBaby Botolle 
録音SET   ちょうどいい場所にDPA4006   麻美さんと 

 

2019年5月 Pro Sound 取材

ProSound誌6月号にJBLの7シリーズのレビューで僕のインタビュー記事が載りました〜。 それも4ページも!!

 

 

2019年5月 渋谷O-EASTにて 2Days Live Recording

世間一般に言うゴールデンウィーク、超上手いビジュアル系バンド 「 彩冷える 」 の2DAYSライブレコーディング。渋谷O-EAST超満員の観客が熱い!!!! F.O.H.は小松さんゆえ音は良いし照明やレーザーもめちゃ素晴らしい。素敵なライブだぁ...。  今回の収録基地はステージも客席も見えるモニターブースの真横。ヘッドフォンを外せば外音も女子たちの嬌声も聞こえるんでそれを残らずキャプチャするにはいやがおうにも真剣ミックス。あ〜〜〜楽しい!!

ドラマーやドラムテック、FOHのエンジニアの腕もいいんだケドなにせやたらとドラムの音が心地よい。マイク見に行ったら、なにおぉ〜、バスドラに47、スネアにEarth Works SR341だぁ?なんてマニアック。レコーディングスタジオでもそこまで凝らんでしょ!!SR341見た目も含めて嫌いじゃないんだけど出力レベルがむやみに高いのがたまにキズ。今日もスプリッターで思い切り赤がついてたんで-15db PADで対応してもらった。
たまたまスプリッターに近いとこで録音してんでラッキ〜。最新のマイクやD.I.の出力ってやたら高いんでスプリッター使う時は要注意やね。

     
Rec System Stage ライティングも美しい スプリッター

 

2019年5月 昭和音大の教え子からお仕事が. . . . 
3年前卒業の超優秀な教え子からお仕事をいただいた!!!! 令和初のお仕事は 韓国のガールズバンド”OH MY GIRL” のライブレコーディング。韓国の音楽業界、日本よりもずっとアメリカに近くて音はFAT、サブウーファーも日本の常識の倍。LEDスクリーンはドデカサイズで超美しいのが標準。可愛い娘、綺麗な娘とりまぜ全員ちゃんと唄って踊れるし、あのちょっとヘンテコな日本語トークは魅力的。ガールズバンドなのに観客には結構の数の若い女性。へぇ〜と目から鱗。
FOHのエンジニアも大昔のわひの教え子(ヤマハ音楽院卒業)、お仕事の取りまとめ役社長は40年の付き合いの大親友の山口さんやった。Danteで録音してって事だったのでレコーディングはトモちゃんにお願いしてお試しで借りてるDigiface Danteのテストしつつわひはプラプラ。いやぁ、超楽しい1日だった。そういえばSWの取り口が1つしか空いて無かったんだけどDigiface Danteのおかげで予備機も録音出来た。YAMAHAのネットワークスイッチ買うくらいの値段でSWも内蔵、MADIも同時に使えるインターフェィス。コイツは凄いぜ!!!!!
     
仲間たち Digiface Dante Rec System

 

2019年4月 平成最後のLive Rec@三井ホール
5月から年号が..... 平成最後のLIVE REC@日本橋三井ホール。上手袖の何も見えない場所で2時間半。いくら素晴らしい演奏とはいえ. . . . 見えるとこだったらもっと楽しかったかも. . . . 。 そういえば、凄く久々に32CHのアナログマルチ巻いた。
     
     
2019年4月 突然の出演オファー
TBSから突然の電話。全盛期のEpicurus Studioの話を聞きたいそうな。こないだのNHK クローズアップ現代に続き2度目のインタビュー。今度は「EPICURUSで」って事で中に入れるのかと思って喜び勇んで行ってみたら、壊される直前のEPICURUSの前での路上インタビューだった。ガルルルル。寒かった〜〜!! 15分のインタビュー、15秒のオンエア. . . . 。ま、いっか。
     
     

 

2019年4月 マウンテンバイク参戦
わりと近場にマウンテンバイクのパークがオープンしたんで遊びに行ってきた。なんでも都内では唯一のパークらしい。超楽しい!! 結局バイクも買っちゃった。
     
コース入口 わひのバイク わひ

 

2019年4月 早稲田大学 理工学部 国際コース
毎週火曜日、早稲田大学 基幹理工学部 国際コース、「 Recording Technology 」の講義。本日は今季最初のの授業。例年受講生は10人未満なのに今年は30名超えだぁ〜??!! どうなってんの〜〜???!!! 得意の専門分野とは言うもののいろんな国の留学生31名相手に英語の授業かぁ. . . . 。ま、みなさん、興味も意欲も非常に旺盛なので楽しみではあるのだが. . . . 。
     
こんな教室でやってます

 

 

2019年4月 Wakana Inamura Recording

ゴキゲンなJAZZ SAXのRecording @アブリールスタジオ。彼女とは台湾のフュージョンバンド無限融合楽団のレコーディングで会って以来。めっちゃキュートでアクティブな彼女。アメリカのビルボード誌のチャートにもちょくちょく登場する実力者。

     
WAKANA Mu- / Mr.Kato / Wakana WAKANA

 

2019年3月 関根俊行 P Trio + 4Vocals LIVE REC
本日の収録は関根敏行P Trio & 4 Vocal@六本木Satin Doll。
ま、まじっすか?! 行ったら準備されてた録音場所、ステージ上手袖って言うよりはモロにステージ上やないですか。しかもビールとワイン付き。でも本日のミュージシャンはみなさん超上手いんで最高っす。
ちなみに写真はリハ終了時。本番までに飲みすぎないようにがんばりました。
     
     

 

 

2019年2月 久々にTOTOのライブ
久々にTOTOのライブを見に武道館へ行ってきた。超満員のソールドアウト。めっちゃめっちゃ素晴らしいライブやった!!!!!TOTOと最初にお仕事したのは1984年のFahrenheitやからかれこれ35年のおつきあい。でも最後にレコーディングしたのが2006年のFalling in Betweenだからそれももう13年も前の話。なのに来日するたびにGUESTで呼んでくれて歓迎してくれる。ジェフが逝ってしまい、マイクも……、ディブもツアーにこれなくなってすっかり寂しくなったが久々にLukeやスティーブポーカロとも会えた。いやぁ、楽しいひとときやった!!!感謝!!
     
     

 

2019年2月 小澤基良カルテット PAと LIVE REC
小澤基良カルテットのライブ、FOHとライブレコーディング。メンバーはBa:小澤基良、Gt:Sean Clapis、Pf:Grant Richards、Dr:Gene Jacksonっていう超豪華な顔ぶれ@横浜南公会堂。19時開場、19時半開演なのに会場入りは17時半、「俺たちジャズやからリハーサルやらないしモニターもいらんからセッティングは1時間で十分やろ」って…….。そ、そんなぁ〜!!!!!!!
モニターいらんって言ってたのにいっちゃんモニターにこだわるお方はドラムのGene Jacksonさん。僕の大好きなハービー・ハンコックやウエイン・ショーターバンドにいた方。開場時間ピッタリまでリハ&モニター調整。そのまま客席でiPADでPA。いやぁ、素晴らしい演奏でしたよぉ〜!!!
それにしてもセッティングも撤収も怒涛の勢い。よく間に合ったもんだ。会場の音響スタッフさんのおかげ!!中村さんありがとうございました!!!
     
     

 

2019年2月 昭和音大JAZZ&POP 卒業ライブ LIVE REC

昭和音楽大学、JAZZ&POPコースの卒業ライブ。単なる音大の卒業ライブとあなどるなかれ! と〜〜てもレベル高い素晴らしいライブ!! わひはと言えばBlue ray DVD用音声の録音監督。F.O.H.卓の中の録音用送り専用ミックスラインをiPadでコントロール。学生さんがリアルタイムLIVE MIX中。大編成の楽曲もメドレーもあって当然な事ながら超大変。バックアップにStudio One4にてマルチトラック収録が同時進行中とは言うものの……。
でもねぇ、君たち、こんなんで胃がキリキリなんて言ってちゃお先真っ暗やで!! 楽しんでやりたまえよ!!!! わひはすんごく楽しいじぇぃ!!!来年はiPadじゃなくてココに録音専用CL5でも置いちゃろう……..。今から楽しみや!!!

.
録音室 本番中は結構暗い 2名体制でライブREC

....

   

 

2019年1月 彩冷える LIVE REC

2019年初の収録は Zeep Tokyo 、何度も来たことはあるけどここでのレコーディングは初めて。ステージ上手袖横のシャッターが上がるとそこが搬入口。搬入は楽チンだがこの時期館内は冷え冷え。Zeep Tokyo ってステージ上手にあるDiGiCoのステージボックスから48CH分の録音用MADIが出てる。MADIとかDanteって、便利ではあるものの実際に繋がないとチェックも出来ない。家で組み立てチェックをしてDA6400jからMADIで出力して一応のチェックはするものの当日つないでみないとちゃんとくるのかどうかはさっぱり。職業レコーディングエンジニアとしてはむちゃくちゃ不安!!! しかも今回はまったく初めてのアーティストさん。めっちゃ上手ビジュアル系バンド。いやぁ、素晴らしい演奏だった。FBブースの後ろに陣取ってのライブレコーディングだがラッキーなことにFOHもMoniも旧知の友人、しかも凄腕エンジニアで出音が最高!おかげで無事に終わったぁ〜!! ほっと胸をなでおろす。

.
我が家にてまずはチェック 搬入口から海が見える!!  ステージ上手袖にてレコーディング

....

   

2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年
2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年、 Go Top PageFaceBook