mu-s HOME / Study!!menu

□ ドラムの録音

 

「ドラムの録音は難しい」と言われる。何故難しいのか? 

一言でドラムと言ってもバスドラム、スネアドラム、ハイハット、タムタム、フロアタム、クラッシュシンバル、ライドシンバルなどなど、たくさんの要素が有るから。それらをバランス良く収録するのは慣れないと確かに難しいかもしれない。

マイクはそれぞれのパーツに個別に立てると10本を超える事もあるが、最低でも3本使う。バスドラに1本、オーバーヘッド2本が基本。


バスドラム

バスドラムはドラムセットの中でも非常に重要! バスドラム用のマイクは毎年のように新しいマイクが発売され、定番と言われるマイクも変化する。かつてはEV RE20やSENNHEISERのMD421 が王道、その後オーディオテクニカATM25やAUDIXのD6、AKG D112、最近ではDPA4011c、SHUREのBETA52Aなどエンジニアの好みでさまざまなマイクが使われた。また、BETA91Aを中に突っ込んだり、外側にNS10Mのウーファーやヤマハのサブキック、ビンテージのノイマンC47FETを使ったり、リハスタではSM57やSM58も普通に使われている。「もはや定番など無い!」が正解。ちなみに僕のお薦めはSHUREのBETA52A+NS10Mのウーファー。

僕がエンジニア稼業を始めた頃には「マイクの向きはビーターの打面を向けてウラから狙う」とか「打面から5センチくらいのところで狙う」とかが王道だったが今そんなことする人いるのかなぁ......。

穴の奥にMD421、外側にMD421 シュアーのBata52A
   

 

ゼンハイザーMD421

ATM25+MD421+MS10M

   

 

穴の前にD112、横にMD421

ヤマハから発売された「サブキック」という名前のマイク

   

ドラマーの中には自分のバスドラの中にマイクを仕込んじゃうツワモノもいる。

超絶技巧で有名なサイモンフィリップス氏は毎回、電ドラでヘッドを外してセットし直す。 バスドラのシェルに直接SHUREのBETA52Aをショックマウントで固定。ヘッドの外側にNS10Mで風圧と余韻を拾う。ちなみにバスドラの中のペイント缶は重り。

ドラムの中にシュアーのBeata52A、外側にNS10M サイモンフィリップスと2ショット
   

位相はアタックを録る方のマイクを正相に、2本目のマイクはマイクを2本をほぼ同じ音量にセット、2本ともオンにして音を聴きながら位相を反転してみて結果の良い方にセットする。

 

   
Beta52A ダイアフラム(振動板)の位置がバスドラムの奥行きの真ん中より若干打面よりに設置する。
特に打面を直に狙う必要は無い。
MD421 ドラムヘッドに開口部があればマイクの半分がドラム内に入るくらいの位置にセットする。
もし他のマイクと一緒に使用する時は位相をチェックする。
NS10M ドラムヘッドから5センチ程度の場所にヘッドと平行にセットする。
普通のマイクよりゲインが高いので必要ならPADを使用する。
もし他のマイクと一緒に使用する時は位相をチェックする
   

 

イコライザー

 


オーバーヘッド

オーバーヘッドのマイクをシンバル用と思ってる人もいると思うが、僕の場合はタムやスネアも含め、ドラム全体を拾うマイクという扱い。なのでセットする場所もドラム全体がバランスよく拾える場所を探る。ドラムプレーヤー位置に座って手を上に伸ばしてちょっと届くか届かないかなってくらいの位置にセットする事が多い。割と見た目もシンメトリックでSNがセンター定位するようにゲイン設定する。

オーバーヘッド用のマイクは様々なものが使用されるがほぼ100%コンデンサーマイク。(リハスタとかでの収録だとSM57って事もあるにはあるケド、お薦めはコンデンサーマイク!!)ちなみに僕のお薦めはサンケンのCU41、無ければAKGのC414、それも無ければC451でも良い。DPA4006や4011、Blueの Baby Bottleも中々良い。

何故コンデンサーマイクを使うのか?コンデンサーマイクはその構造上、振動板に重いボビンやコイルがついていないので過度応答特性に優れアタック感や高域の周波数特性が格段に良いから。それに繊細なシンバルワークの時とかでも多彩な音色を美しく拾ってくれる。

 

.  
   

 

.  
全部で10本のマイク 座って手を上に伸ばしたあたりに左右シンメでマイクを置く

バスドラに1本、オーバーヘッド2本が基本だが、個別にスポットマイクを立てることもある。その場合はオーバーヘッドマイクに足してみて位相をチェックしてから音創りを行う。


スネアドラム

.  
SM57

SM57がスタンダードだが最近ではコンデンサーマイクを使用するエンジニアも増加傾向。

Over Headのマイクと同時に鳴らしながら位相を反転してみると音が大きく変化するので気持ちよい方にセットする。

MD421

421でも57でも。

通常はSNの上側のマイクと逆位相にするが音で判断。

   

 

.  
   
   

 

 

.  
   
   

 

.  
   
   

 

.  
   
   

 

 

ここにあげたセッティング例はいずれもエンジニアのmu-の個人的主観による。ドラム収録に関しては一家言あるご仁は沢山いる。別に喧嘩を売るつもりはさらさらないので、ま、そういう流派と思って欲しい。「ドラム録音」や「ドラムマイク」などキーワードを入力して検索すれば情報はあふれるほどあるので勉強したい人はそちらを参考に。

職業エンジニアは「自分が聴こえている音がそのまま録れてるのかどうか」より「演奏者やプロデューサーが望む音がそのまま録れてるのかどうか」を常に意識している。趣味の世界では自分の好きなように、仕事の場合はさまざまなアプローチと結果(録れた音)を知りつつ、その時々で最適なセッティングをトライして演奏者とプレィバックを聴いて判断する事が重要。

 


このページ気に入ってくれた方はご自由にリンクを張って下さい。
ご質問、コメントやご助言は
mu-@mu-s.comまでお願いします。