応援しますインディーズ 

mu-s HOME / Study!!menu

□ CDの最大収録時間

CDを大漁にプレスするとなるとプレスの業者さんにお願いする事になるが、その場合はRedBook(CD規格を作ったSony/Phlips社によるCDの規格はこうあるべしと定めた企画書、表紙が赤なのでこう呼ばれる)に準拠している事が要求される。

そうは言ってもたとえば合唱団の定期コンサートなど200〜300枚作るだけで市販の予定も無いって場合は、商品番号(商品識別のPOS/JANコード:バーコード)も、楽曲の識別コード(ISRC「International Standard Recording Code」の略称:CD上の各々のトラックの著作者、製作した国(番号)、製造年などの情報、エンファシス情報:最近はほとんどのCDがエンファシスオフ。これもあまり使われないが(DATなど一部の機器しか対応していない)コピー禁止情報などが含まれる。)も無いなんて事も珍しく無い。唯一厳密に縛られるのがCDの最大収録時間だ。

CDが登場した頃、「オペラ一幕分、あるいはベートーベンの第九が収まる収録時間」74分を目標に作られ74分有ればクラシック音楽の95%が1枚に収められると言う事で規格が出来たらしい。詳細は以下ウィキを参照の事。
http://ja.wikipedia.org/wiki/コンパクトディスク

CDが登場した頃、CDと言えば容量は650Mbがフツーだったがまもなく700Mbのが出来てこっちも普通に流通してる。探せば600MbのCDRもあるにはある。800MbのCDRを使用して90分とかでも焼く事が出来るがプレス工場では受け付けてくれない。

以下はプレス業者Openmind社の提携工場から受け取ったオフィシャルな返答。

以下、工場より↓
--------------------------
650MBか700MBのCD-Rを使用して下さい。
それより容量の大きいメディアも売っていますが、NGです!

一般的に、78分までは大体のプレイヤーで再生可能と言われており、
多くの工場では、78分までとご案内しています。

78分の収録時間を守った上で、
650MBか700MBのCD-Rに入りきればOK、ベストかと思います。

レコ協規格(74分43秒)を越えますが、工場保証は78分34秒までOK。

それ以上になると、
「規格外品で工場保証無しに了承」の一筆(メール返信等でOK)
を頂いてからの生産になります。

ちなみに過去にプレスしたことのある規格外品では、
80分31秒(74フレーム)が最大時間です。
--------------------------

ちなみに僕が参加したプロジェクトで最も長い収録時間は80分ちょうど。

プログラム収録時間=最長74分43秒

Red Book準拠の日本レコード協会の規格(CD用CD-Rマスタ運用基準 RIS105)による。
http://www.riaj.or.jp/issue/ris/index.html

最も新しい規格だが制定が1994年6月ゆえ恐ろしく古い。この運用基準を厳密に満たすなんて事は最近では非常に少ないと思われる。(少なくとも僕の作成したマスターはこの基準には合致しないものが多い)

プレス工場保証最長収録時間=78分34秒
各工場による。

規格外品最長収録時間=80分
再生出来ないCDプレーヤーがある事を了承の上で発注する事になります。

規格外品最長記録時間=80分45秒
『Re:MIKUS / livetune feat. 初音ミク』が2010年7月現在の記録ホルダーと言われている。CD の限界といわれる 80 分を超える長さで flumpool が記録した 79 分 58 秒よりも長い

SACD=SACDの74分43秒
SACDの中のCDレイヤーは通常のCDと同じ74分43秒、頑張っても80分まで。


反則技=85分程度
プレクスターが開発したCD-Rの次世代書き込み技術「GigaRec」を使うと700MBメディアで理論的には最大112分まで書き込みできる。ただし、焼いたドライブ以外での再生はほぼ絶望。プレクスター製なら可能性あり。焼き込みソフトはマックには対応していない。(MAC de WindowsならOK)

 

DVD-Audio=120分?
48Kで入れるのか96k24bitで入れるのかにもよるが、120分くらいは入りそうな気が.....。実はやった事がないのでわかりませんが、フツーに120分のビデオ作品にステレオの音(48K16bit)が入ってるんでいけるんじゃないでしょうか?誰かわかったら連絡下さい!!

ご質問、お仕事の依頼などmu-@mu-s.comまでお願いします。

mu-s HOME / Study!!menu